お気に入りサイト Heaven! にて 40000のキリ番GET!
  カウプレとしてメンバの中の itssay に作品を書いて頂きま
  した。お題と作品イメージを伝え、出来上がった作品は、
  20000のキリ番GETカウプレ作品同様、素敵な作品です。

                                 【next】

□□ 青い空 □□     by itssay (2003/8/20)

少女は空を見上げた。

右手にはお気に入りのクマのぬいぐるみをギュッと握りしめ、口を真一文字に噤み、肩を小刻みに奮わせながら。

丘の上にある公園のいちばん縁に立ち、首をグッと背中に折り真上を見上げた。

仲良しのお友達と喧嘩をし、その悔しさを悟られないように、空を見上げた。

そこには綿のような雲が流れていた。


月日が流れ少女は恋をした。

しかしその恋は淡く儚く散った。

少女は丘の上にある公園のいちばん縁に立ち、首をギュッと背中におり真上を見上げた。

小刻みに肩は震えていたが、その哀しさを人に悟られないように、空を見上げた。

そこには一筋のひこうき雲がどこまでも続いていた。


やがて少女は大人になった。

子供や少女の時と違い、些細なことでは心がひどく傷付いたりはしないけれど。

それでも、苦しいことや辛いこと、哀しいことがあると、決まって丘の上の公園のいちばん縁に立ち、地平線から続く大きな空を見上げた。


大きな大きな青い空がいつも彼女を慰め、癒し、そして元気づけた。

真冬の凍て付く空も、雲雀が囀る皐月の空も、彼女に勇気を与えた。

そしてそれは決まって昼下がりの青い空であった。